カテゴリー

兎を振り返る(NO.10)

2011年12月26日

今年も色々ありました。

TVを見てると今年の10大ニュースは!

とかやっているが。

今年ほど倒産を意識した年はありませんでした。

リメンバー東日本大震災です。

この出来事を風化させてはいけません。

しっかり胸に刻み、語り継いでいきたいものだ。

その震災を経て、我が社も大変でした。

■我が社は市原市の2店舗でトントンの会社。

勝負をかけて、2月に千葉の物件と契約。

■3月に入り、改装の見積もりが上がり、工事スタートのGOサイン。

11日、酒メーカーの営業担当と打ち合わせ中に大震災。

私は7番テーブルの下にもぐった。

店の被害は灰皿1個破損のみ!

なんて思っていたのだが悪夢の序曲であった。

■ごっちゃん亭ではおでんの鍋から出汁が溢れ、大変なことに。

■金曜日であったため、予約モリモリ。

全てキャンセルに。

■12月に次ぐ売り上げのある3月。

コスモ石油爆発、計画停電、内房線不通などで

大きなダメージを受ける。

■震災前に千葉店のオープニングスタッフ18人採用。

■震災の影響でガソリン不足、電力不足で改装工事が進まず、

グランドオープンが延期に!

スタッフの集合も延期に…

■五井両店舗も少しでも地域に役立つ店でありたいということで、

400円弁当を店頭にて販売。

■売り上げが無くても、社員、アルバイトの給料は払わないと!

どれだけ現金があるかが大切であるということが

ひしひしと分かった。

■店舗契約、備品、改装費でお金は無くなっていく。

あてにしていた現金売り上げが少ない。

しかし支払いはいつもどおり。

■月末に現金がショートした。

経営者はいざ!という時に多額の現金に替えられる高級車に乗っておくべきかなと

言われてはいたが初めてそう思った。

そんな車には乗っていない。

■4月4日「いぶしぎん千葉店」オープンさせる。

4月、5月は大赤字。

倒産を意識した。

毎日心が折れる寸前だったが、いつもどおり接してくれる家族、従業員に勇気づけられる。

■経営者は妻子供がいる社員を含め、たくさんのものを背負っているんだ、

ということを痛感する。

■6月に入り、千葉店が軌道にのる。

4月の2倍以上。

完全赤字営業から脱却。

■12月は3店舗となるのですが過去最高の月商となりそうだ。

五井の2店舗も昨年をクリアしそうな気配がある。

■ごっちゃん亭が4周年。

とにかくやれることを徹底的にやろう。

■いぶしぎん本店が7周年。

国民金融公庫からの借金が終了。

しかし!借り換えをしたため、まだまだ多額の借金は残ってます。

「借金と貯金は紙一重である」

と信じていたが、今年の経験でやはり

「貯金はあるにこしたことは無い」

と思う。

■いつどんな災害がくるか分からない。

そんな時でも従業員を守れるよう、

会社、個人とも財政的に強くしていかなくてはいけない。

☆来年も健康で、色々振り返ることができますように(^v^)

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 realizeblog.ibushigin.jp All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE